読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

99〜104日目。気仙沼滞在記。





長らく更新が滞っていてすみません、、、


気仙沼に来てからというもの、
濃い毎日、考える毎日を送っていました。
本当に恵まれた毎日でした。



今は気仙沼を抜けて、福島に入り台風が過ぎ去るのを待っています。






ということで、気仙沼滞在記はぎゅっとまとめさせてもらいます。

書きたくても書ききれないし、
伝えたくても伝えきれない。






そんな毎日の中で、
この旅もいよいよ100日目を迎えました(^^)




旅をはじめて1日目
四国は徳島港へ向けて出発したフェリーの中で
ドキドキしていたのがもう懐かしい。



1日、1日、毎日積み重なっていく中で
出会いがあって、巡り会いがあって。




そんな中で、
最近はますます思うようになってきたこと。

出会いは必然。巡り会いは必然。



会うべき人に会うべくして出会えてる。


出会いからまた新しい出会いが導かれて、縁が紡ぎだされていく。

本当にありがたい限りです。









では、気仙沼滞在記。
スタート!






台風が過ぎ去ったので、ティモーネを出発!


お世話になりました。
ありがとうございました。


太郎くんともここでお別れです。
平泉へ向かうそうです。
またね!気を付けて!







ここから、東北で1番
行きたかったところに行きました(^^)




そこは、ホテル望洋



しんたろうが働いていたホテルです。



しんたろうにホテルの変遷、社長のことを聞いてからというもの絶対に泊まってみたいと思っていました。


それが叶いました。


気仙沼復興支援の宿「ホテル望洋」 | HOTEL BOYO | ホーム

震災直後から、第一線で被災者、被災地のために動いてこられました。






そして、ご好意で社長、女将さん、大女将さん、ゆっけさんと一緒にごはんを食べさせていただけることになりました。



ここでみなさんと話せたことがとても良かったです。


本当に大切なことをいっぱい教えてもらえた。
震災当時のことも教えてもらえた。


大も俺も、忘れたらあかんと思って
すぐに日記に書き留めておいた。


みなさん本当にありがとうございました。


ホテル望洋、必ずまた来ます(^^)✨



素敵なホテルでした!
気仙沼に来たならばぜひ。

社長と。

女将と。


ホテル望洋のつながりで出会ったみなさんと。








ここで出会ったゆっけさんに声をかけてもらって
ゆっけさんの働くNPO法人 底上げ のシェアハウスでお世話になってました。

3泊もさせてもらい、
いろんなところに連れて行ってもらいました。

大と一緒に三陸鉄道に乗って観光もしました。






時系列はバラバラですがその様子を少し。





震災遺構や、復興途中の街並み。

タピック45。

大川小学校。


箱根山テラスから。

ザ・バーガーハーツ。


美味しかったクレープ。

三陸鉄道は、
おもてなしも、景色もすばらしい鉄道でした。


おかせいの女川丼。


もっともっと素敵な場所、知ってほしい場所
美味しかったごはん、街並みはあるんです。
多すぎるので、ひとまずこれ位で。






気仙沼を拠点に
石巻、女川、盛、釜石、南三陸陸前高田を巡ることができた。


1つ1つ、考えさせられることも多かった。
どこも前を向いて、復興に向けて動いてた。

底上げのみなさんのおかげで
被災地の子どもたちの様子も少し知れた。



東北に来れて良かった!


ホテル望洋のみなさん、望洋で出会ったみなさん
認定NPO法人 底上げのみなさん、




ありがとうございました。
持ちきれないほどの、お土産をもらえた気持ちです。


自分の知らないところで、
東北の復興に全力で駆け抜けている人たちがいる
ふるさとのことを考えて頑張ってる子どもたちがいる。




俺もゆっくり進んでいこう!









ー本日の移動距離ー
0㎞



ブログ村に参加しています。
よろしければ、下の日本一周バナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ








虹がきれいでしたよ。