読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

120日目。琵琶湖へゴー!



今日で、東日本編の往路と復路が合致しました。
約4ヶ月前に琵琶湖のほとりでテント泊した場所を通りました(^^)




あの日は、テントに季節外れのホタルが飛んできてドキリとした思い出があります。





いずれにせよ、東日本編はもうそろそろ一区切り。
明日か明後日に大阪へ戻り、西日本へと向けて出発予定です。


季節も秋めいてきて、ふと思い出すことも多いけど
思い出に浸るのはまだ早いですね!







さー!
今日も今日とて走りましたよ。
120日目。







道の駅藤川宿にておはようございまーす。

5時に起きました。今日も朝から走ります。

昨日は150㎞以上漕いだので疲れてました。
なので、ぐっすり眠りたかったんですがそれを許さないのが天下の国道1号線

ひっきりなしに入ってくる車とバイクのライトにテントの中まで照らされ、寝ぼけた俺は朝日と勘違いして何度か目を覚まし時計を確認しては軽いパニック状態になりました。

まさに目が3の状態で

「あれ?明るい?12時30分!?寝すぎた?あれ?」
となってました。






そんなこんなで、軽い寝不足のまま1号線を走ります。

朝の交通量の少ない時間帯を狙ってたけど、まあ多いこと多いこと。

走りにくさ全開!





名古屋へ向かうにつれて、どんどん信号も交通量も多くなってくから疲れる。


もう、無心でひたすらペダルを回すロボットのように進んでた。


気づけば名古屋へ。
カントリーサインはハですね。








東海道もまだまだ続く。



走りにくくなってきてたまらずマクドへ避難。
本来ならば、名古屋を突っ切って北へ向かって大垣あたりから関ヶ原へ行こうと思ってたけどプラン変更。


名古屋を西に抜けて、揖斐川に沿うようにして関ヶ原へ向かうことにしました。

都市部は走りにくいので、苦手やなあ。




庄内川長良川を突っ切って揖斐川へ。
やっと走りやすくなってきます。


橋を渡るとそこは、岐阜県


揖斐川の堤防で小休憩。




今日のお昼は、大がたまたま見つけて
そのネーミングセンスに惹かれた海津市にある「ガーコちゃん」という店へ。


650円で惣菜バイキングが食べれるところも惹かれました(^^)



こじんまりとした店舗に優しいオーナーさん。
なんか、雰囲気がいいなあ(^^)


旅中にはなかなか食べれない
煮物とかサラダとかいっぱい食べた。
美味しかった!

650円は安すぎ(°_°)
ここも本当にオススメ!

食後のコーヒーを飲んでぽけっとしてると
オーナーさんが

「さっきのお客さんがお代を出してくれたよー!」と。

急いで店を出て、去ろうとしていくお兄さんにお礼を伝えました。

クリナップのお兄さん、本当にありがとうございました。ごちそうさまでした。

俺も旅が終わったらみんなに返していこう!


でも、
何でみんな旅人に優しくしてくれるんやろう?

旅人→旅人の連鎖はわかるけど。

いろいろ考えたけど、これや!っていう結論は出ず。


みんな優しいんです。本当に。
それでいいかな!

ありがたい限りです。
これはバトンと同じ。繋がないと。










さて、関ヶ原までは少しアップダウンのある道を進みます。



関ヶ原を抜けると、、、、

滋賀県


滋賀に入ると一気に大阪へ近づいた気がしますね。
米原で、もう1つ嬉しいことがありました。


信号待ちをしていると、
小学生の女の子3人が俺たちの自転車を見て


「ちょっと待って、、、」
と俺たちを見ながら何やら作戦会議を始めました。


なんやろう??と思いつつも進むと、



「頑張ってねー!!」とみんなで応援してくれました(^^)



きっと、こんな色黒で変な自転車に乗ってる兄ちゃん達はこわいはず。


勇気を出して、応援してくれたのが無性に嬉しくなりました。ありがとう!


応援パワーもあり、足がグルグルのアニメみたいな状態で彦根に到着。


彦根ではまず、
銭湯へ行きました。

歴史のある、風情たっぷりの昔ながらの銭湯。
こういうところ大好き。
もうね、イスとかシャワーなんて使わないよね。
床に直で座って、桶にお湯をためてバシャバシャするタイプ。いいじゃないですか。





サッパリして、ごはんを食べて今日はここまで。


夜はなかなかの雨が降るそうなので、おとなしくネットカフェへ避難。



明日は雨が弱まるのを見計らって、自宅へと戻る予定。


雨、降ってもいいから降水量1mm以下でお願いいたします。







ー本日の移動距離ー
132㎞



ブログ村に参加しています。
よろしければ、下の日本一周バナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ








雨じゃなければ、ほとりにテント張って寝たかったなあ。